第53回潮まつり

こんにちは!今回は2病棟准看護師が担当します。
7月に、毎年恒例の
潮まつりに参加しました

夏の小樽を代表する潮まつりも、今年は第53回目となりましたが、
私が入職した二十数年前には既に、野口病院は
18時台の花としてお馴染みの団体でした!
当時は、先輩看護婦さんや婦長さんに帯の巻き方などを習いながら、
潮まつりの定番の波模様の浴衣を着付けする前準備が
お祭り気分を盛り上げる一つのイベントとして、
楽しい思い出として記憶に残っています。
その後、時代の流れで、背中に鳳凰を背負った法被に地下足袋、鳴子 の衣装に変わり、
昨年からは新たに紫の艶やかな花模様の法被といういで立ちに新調しましたが
その粋な姿は、沿道の人たちの目を引いたのではないかと思います。
職員のみんなもお祭りの花となるべく、メイクや髪型に気合いを入れています
(^▽^)o
0108-1.jpg 0108-2.jpg 
最近は男性スタッフも増え、力強い掛け声が更に気分を盛り上げてくれて、
30℃近い暑さの中、とても楽しく踊ることができました
♪♪
0108-3-2.jpg
野口病院は、職員のご家族の参加も多く、毎年沢山の子供さん達が参加してくれます。
一番威勢が良かったのはご家族全員で参加してくれた外来看護師のご主人
ちょっと大人しめのうちの息子も、つい乗せられて、
ジャンプを加えた踊りで随分盛り上げてくれました。
サポートするお父さん達も沿道をついて歩いてくれました。
普段お仕事に頑張るお母さん、奥さん、お父さん、ご主人を、いつも笑顔で支えている様子が、
沿道で応援してくれていたお客さんにも伝わったのではないでしょうか。

また来年も楽しく元気に、皆でねりこめると嬉しいです。
参加にあたりご協力いただいた多くの皆さま、準備や片づけをしてくださった皆さま、
本当にありがとうございました。